MEMO

めも

2024年4月

映画バービー観た。面白かったな……
わりと思想強めというか、思想が前面に出てきているタイプの映画ではあるし、途中ハラハラする場面けっこうあったけど、着地点で中和した印象
人間社会に出たケンが馬と男社会に出会ってあこがれを抱くシーン、コミカルに描かれてはいたけど「でも確かにバービーの世界のケンって、現実の男社会における女みたいな添え物ポジなんだよな」と思うとゾッとすると同時にケンに同情してしまった
マーゴットロビーもライアンゴズリングもかわいくてよかった

フェミニズムの話をするとき、どうしても男が、女が、って人類を大きく二分して話すことになりがちなわけだけど(女性以外の人間=男性なため)
そうすると「女性に権利を、地位向上を」って話をするときに男性は敵役というか、倒すべきもの、説き伏せるべきもの、超えるべき壁みたいな存在として扱われることが、どうしても多くなる。
実際にこの映画にもそういう考えがにじみ出てるシーンあったけど、最終的には男が女が、じゃなくて一人一人にライトを当てようみたいな話に着地してくれてよかったなー

フェミニズムついでに私も女として生きてきて嫌だったことをここに書くんだけど、某女性科学者(STAP細胞の人)がリケジョとして持て囃されてたときの空気感がガチで嫌だったな。
私も理系の学問を志す女子だったわけだけど、なんていうか、「女性ながら理系学問の最前線で学び研究するなんてカッコいい」みたいな持て囃しが辛かった。別に学問に性別は関係ないし、理系男子には特に注目しないくせに女にはわざわざリケジョなんて呼び方をつけて注目するって、暗に「女は普通学問を極めない」とか「女に理系の勉強は難しい」みたいに思われてるようでメチャ不快だったな〜。ほっといて?って感じ。私が大学時代にいた学部は女の子割合多かったしね
あの方の場合は「科学者ながらこんなに女子力溢れた私生活」みたいにアイドル視された感じの報道が多かったのも嫌ポイントだった……結局みんなが興味あるのってリケジョさんの研究内容じゃなくて女子ぶりなんじゃん、っていう
結局STAP細胞の研究は論文不正があってふいになったってオチも含めて嫌騒動だったな
しばらく予定つめつめ&体調が微妙だったのでお絵描きお休みしてたけど、ぼちぼち時間取れそうなのでまた頑張りたいなー

イラスト本どうしようなー。ピクスクの一件があってモチベが底辺になってしまったが……
交流企画やTRPGで「この人とお絵描き遊びをするのに絵で見劣らない自分になりたい」とおもう気持ちは
「このひとに釣り合う女になりたい」とおもう恋心に似ている
いっぺん本気で食べ物描いてみたいね
店頭で見かけて気になったので買ってみたカゴメにんじんジュースプレミアム を飲んだ

感想
  • 甘い
  • 水にお砂糖溶かしたんか?ってくらい甘い
  • にんじんというより、さつまいもっぽい風味
  • 甘い
  • え?甘い
  • にんじんの風味はそこまでない
  • まずくはないが、美味しいかと聞かれても返事に困る


おいしかったらリピートしようと思ってたけどこれはしないかな……🤔
ただただ甘かった。にんじんのくさみはなく、飲みやすいけど進んで飲むような味でもなかった

カゴメの野菜ジュース、結構好きで、高校生くらいのときには食塩無添加のトマト100%ジュースを狂ったように毎日飲んでたんだけど、さすがにあのときは何らかの栄養素が慢性的に足りてなくてトマトジュースを本能的に欲してたとしか思えない
今はトマトジュース飲みたいとはそんなに思わないので……
あー日記書き忘れ

ずっと腹の調子悪くて辛かった
やりたいこといくつか終わらせてえらい
明日はお絵描きしたい
一昔前のバラエティ番組だと、街頭インタビューみたいなコーナーで男女二人組が出てきて「友達です」みたいな感じでいると
「またまた〜本当に友達〜?」「で、ほんとはどうなんですか?」みたいなイジリが高確率で入って、見てて嫌な思いをすることがよくあったんだけど
最近はそういうのさすがに見ないな。良い時代になったな
20240406110000-admin.jpeg
マヒィン #菓子作り
オッペンハイマーが核兵器の恐ろしさとその被害の悲惨さについて真摯に向き合った映画だということが分かったのは良かったけど、だからこそあのバーベンハイマーとかいうファッキンミームは一体なんだったんだという気持ちも強まるな
まあ制作者と消費者は全然別物だし、制作者の意図や主張が消費者にうまく伝わらないという悲しい事例は全然あることなんだけどね
今日オッペンハイマーをやっと観に行きました。本当は公開日ダッシュしたかったんだけど、体調が悪く……
 結論から言って本当に観に行ってよかったし日本で公開された意義は大きかったと思うけど、一方でやっぱりなかなか日本公開に至らなかった理由もめちゃくちゃ分かるな……。
日本公開前に散見された本土鑑賞組の感想の中には「原爆の日本投下についてさほど触れられてない」というものも多かったけど、私はそうは思わなかった、むしろ今のアメリカで作られた映画でここまで描いてくれるんだ!と感動したくらいだった。前置きが長い。
とにかく良い映画だった、でもオッペンハイマー事件についての予備知識と人物相関の予習くらいは要ると思う。私はその辺全然勉強してなかったんで鑑賞途中ちょっと寝てました。こうたさん最悪、この映画のこと語らないでください。
いつになく真面目に感想を喋るので続きは畳みます。私の思想もばちばちに滲み出てるのでよろしくね

なんというか日本、原爆について被害感情を持つのは悪いことじゃないんだけど、そればっかりでも話は進まないんだよなあと思ったですね。

アメリカ人は「自分たちが原爆を日本に投下したおかげで第二次世界大戦は集結したんだ」と教育されるわけで。
それって当然我々日本人としては「何いうとんねん」な主張なんですけど……
でも、アメリカ人には日本の原爆によって受けた被害の全貌を知る義務がある、と我々が考えているのと同じように、日本人も「そもそもどうして日本に原爆が落とされたか」という経緯をちゃんと知らないんじゃないのかな、と思った。

ぶっちゃけ私は、オッペンハイマー事件のことも知らなければマンハッタン計画のことも知らなくて、そもそも「原爆の父オッペンハイマー」という人物がいたことすら知らなかった。
アメリカ人の多くが、原爆投下された広島や長崎がどうなったのか知らないのと同じように、どういう背景があって原爆が作られたか全然知らないんですよね。
なので、お互い自分の主張をぶつけ合う前に相手の主張や歴史を知るのが本当は建設的なんだろうな、と感じた。

もちろんだからといって原爆投下を正当化するつもりもないんですけど……



実際アメリカ版のこの映画の予告編は少なくとも二種類作られていて、一個は
「核兵器という罪深い存在を生み出してしまった存在の”プロメテウスの神話”的苦悩」
…的なストーリーだが、もう一個は明確に
「ナチスに先に原爆を作られたら世界の終わりだ!アメリカの国力を結集してそれを乗り越えるんだ!これは歴史上最も重要なチャレンジなんだぞ!イエー!USA!USA!」
…のような映画に”見える”ように作られており、後者の方がYouTubeの再生回数が2000万回ぐらい多い。
さっきも書いたが「worth it or woke?(見る価値があるか、それとも”くだらないポリコレ映画”かを投票して点数つけるサイト)」という米国保守派系のサイトでもかなり高い点数がついており、多くの保守系アメリカ人も映画館に足を運んだからこそあれだけのヒットになった面はあるはず。
「保守派のアメリカ人も沢山見に来る映画として成功させながら」という意味で言えば、メチャクチャ快挙というぐらい踏み込んだ描写があちこちにある映画ではあったですよね。
被爆地がそのままは映されていないにしろ、オッペンハイマーの日常に「幻影」の形で染み出してくる”被爆地の映像と音”だけで本当に恐ろしい表現になっていたし、そもそも「被爆地の事なんか誰も気にせず成功に喝采していた」という批判自体がそこに込められていたとも言えるはず。


なんというか、すごいよな。
保守派のアメリカ人と、被爆国としての教育をガッツリ受けた日本人、どっちが観ても(納得の傾向は違うとはいえ)納得できる「原爆」にまつわる映画なんだこれ…………。
それでいて、そのどちらもに対して、「保守派は直視しなかった、被曝という現実」「原爆被害者の立場では見えなかった、原爆開発に至った経緯」という、新しい視点を見つけさせてくれるよね……。
映画として出来すぎている。恐れ入ります。

そう、原爆の表現ほんとうに恐ろしかった。もはやホラーだった
それまでの爆破実験のシーンは全然平気だったけど、初めての原爆実験については前フリがもう怖すぎてカウントダウン終わったとき耳を塞いでしまったもんな……映画館で耳を塞ぐなんて初めての経験だった。
そのあとのオッペンハイマーが視る原爆のまぼろしも怖すぎ。トラウマんなる
ほんとにアメリカの映画でよくこんだけやったよ畳む


こんなん気になりすぎるけど導入したらぜってぇ作業効率落ちるやつやんな
#メモ
自分のスーパーのスクショ見てて思ったけど、オレンジジュースとアップルジュースをまとめて、炭酸系飲料をまとめて陳列したいな…………
今ジュース系と炭酸系が互い違いに並べられてるのに気付いてしまった……一度気づいてしまったら気になってしょうがねえ〜〜〜ッッ
アクセス解析見てるとXに貼ってるTRPGについてページから飛んできてここだけ観ていく人が一定数いるな。誰ェ~ン!?フォロワ~⁉
怒らないからうぇぶぼ で桜だけ舞わせといて
ドコムスさんもスーパーマーケットシミュレーター実況始めてて嬉しい~

いろんな人のスーパー経営見てるとほんと性格出るというか、こういう作業は得意でこういうのは苦手なんだ……みたいな特色出て面白い。
陳列にこだわりがある人、雑な人、レジ打ち早い人遅い人、マルチタスク苦手っぽいけど接客ちゃんとしてる人とか。

なおコウターマーケットはこんな感じです
20240404124957-admin.jpg
効率重視だけど売り場は本物のスーパーっぽくしたくて、できるだけ似た品目をまとめて並べるようにしている。在庫切れは許さないのでだいたい2~4セットぶんずつ並べている
202404041249571-admin.jpg
202404041249573-admin.jpg
ちょっと最近めまい気味なのとやること増えてきたので数日お休みするけど、アプデ来たりしたらまた遊ぶ~遊ぶったら遊ぶ
寿司を入荷できるようになったばかりなので寿司売り場新設したいよな。今は肉とかといっしょに売ってるが

いま再生し始めたところだけど冒頭弁論が長くて最高
現行法では一定以上の量刑が見込まれる裁判では弁護士不在で開廷はできないので、ニセなるほどくんを弁護士としての裁判は無効のはずだって話
こんなにがっつり現役弁護士トーク聞かせてもらったの久しぶりな気がする。うれし~
1 2 3 63 64 65
RSS