MEMO

めも

#ティアキン 龍の泪をコンプして呆然としてしまった……
永遠に遊べるゲームだと思ってたし実際そうなんだろうけど、ストーリークリアという意味では終わりがだいぶ近付いてきているのを感じて猛烈に寂しい😭
このおもしれーゲームを終わらせたくなんかない……
#ティアキン 、ようやく「ゾナウギアで作ったからくりを長く動かすにはバッテリー追加が必要で、バッテリーを追加するためにゾナニウムを集める必要がある」ということを理解した。遅いよ。
説明されたのだいぶ最初の方だったから、いろんなところ探索してるうちにすっかり忘れてたな。
ゾナニウム使い道なくねぇ??とか思って集めるのサボってたわ……
地下探索もあんまりしてなかったので、今になって必死に地下を駆け回ってゾナニウムを集めている

そして地下を探索するにはひだまりの草が必要だから(瘴気で失ったハート回復)地下と空を往復するハメになっている……
やることが多い!やることが多い!!(楽しい)
#ティアキン 楽しすぎる
早く進めたい気持ちもあるけど、ミニチャレンジとか未消化のものが多くなってくると気になっちゃうタチなので、気になってきたら消化して話進めて、気になってきたら消化して……みたいな感じで遊んでいる。
永遠に遊んでいたいけど神殿もう2個クリアしちゃった……神殿8つくらいあってもよくない?(?)
#ティアキン 作業の合間に進めてるんだけど本当にめちゃくちゃめちゃくちゃ面白い。
前作にあたるブレワイも規格外の面白さで、プレイした当時は、これ以降のゼルダに求められる「「面白さ」」のハードルが洒落にならないレベルになっちゃったけど大丈夫か?と謎の心配をしてしまったのだけど、いやティアキンはほんとうにすごい。
ゲームとして攻略する面白さが進化したのはもちろんだけど、世界観のロマン度も爆上がりしてる。
ブレワイの神獣は4体どれも同じような見た目で、ギミックは違っても若干の作業感を覚えちゃったけど、ティアキンの神殿はなんかもう……すごい ステージにあった見た目とギミックで 最高 風の神殿がロマンすぎて泣いちゃったんだよ……
あとやっぱブレワイ以降のゼルダは攻略も自由度高いのがいいな。ゲーム側で用意された「正解」が分からなくても工夫すればなんとかなっちゃう。私は基本的に正攻法で行くタイプのプレイヤーだけど、雷の神殿ではたぶんこれ絶対正攻法じゃない……でもこれしか思いつかない!と思いながらクリアしたところがあった(あとで攻略サイト見たら案の定正攻法じゃなかった)
やろうと思えばゾナウギアでチートもできるし。ギミック難易度が上がった分そこでバランス取ってるのかな。

個人的にはデザインの随所に日本の伝統を感じられるのがかなりポイント高い。お寺っぽい建築物とか枯山水とか
ゼルダシリーズって最初は西洋的なファンタジーへの憧れからはじまったと思うんだけど、ここにきてこんだけ和要素ぶっ込んでくるの、任天堂の自国文化への誇りというか、海外展開からの自国文化への誘いも見据えた感じがして良い。

あとガノンドロフの表情がバチクソに良い
20240105235234-admin.png

いや〜〜〜ほんとうに楽しいゲーム。一生遊べる……
#ティアキン ちょこちょこ進めているけど

遠くに見える気になる場所に行こうと走り出す

道中に別の気になるものを見つけてそっちに行く

ミニチャレンジやコログのやつを見つけてこなす

別の気になるものを見つける

エンドレス

って感じで全然進まない。遊び尽くすのに一生かかるんじゃないのこれ。
ブレワイのときもすごかったけどさらに行けるとこ、やれること増えて大変なことになってる。助けて
20231215195821-admin.jpegはい、#ティアキン 始めました

ゼルダは絶対にガチでやり込みたくなっちゃうから、作業時間吸われちゃうのが怖くて手を出すの渋る気持ちもあったんですが
いざ3時間ほどかけてハイラルに降り立つところまで遊んでみたら、なんか逆に急ぎじゃないからってちょっと放っておいてた作業をやりたい気持ちがムクムク膨らんできたな……。
なんで!?
あれかもしれない。
「「「ゼルダをガチでやり込みたいからこそ作業もガチで進めろ」」」という内なる理性からの警告なのかもしれない。

まあなんだかんだで私は自分のこと、ちゃんとやるべきことは期限内にできる人間だって信じているので、あんまり気負わず両立したいですね。ゼルダと作業。
RSS